今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

ポチ

こんにちは。3年の野下です。
ランに引き続き悲しいお知らせをさせてください。
1月10日にポチがなくなりました。
ポチは本当におやつやごはんが大好きな犬でした。
人が近付くととても怖がるのに、おやつが見えた瞬間にぴょんと出てきて、
パクパクと美味しそうに食べていた覚えがあります。

ポチシュー 2012

元気だったころは、同じ犬舎にいて去年亡くなってしまったシュートと一緒に犬舎からでてきたこともあります。

11月ぐらいからでしょうか。だんだんと小屋にいることが多くなり
ました。また、おでこにおできが出来てしまいみなさんとても心配していました。

1019現場③


そして、12月。寒さ厳しい中ご飯大好きだったのに残すことが多々ありました。
その時ぐらいから弱り始めていたんですね。。。。
12月14日の現場報告では先輩が写真と共にこのようにコメントしていました。

20131214 ⑥

ご飯大好きなぽちちゃんですが、私の知っているときとは随分と変わっていて驚きました。
足腰が弱っているのか、ふらついたり、段差を降りたり上ったりがつらそうでちょっと心配…。
でも、ご飯大好きは変わらず、午前中は日向ぼっこをしてうとうと。ものすごく可愛かったのですが、
目に焼き付けるのに必死で写真を取り損なってしまいました。ごめんなさい(´・ω・`)

私事ですが、12月ぐらいからポチの涙やけがひどいことに気づき、
拭いてあげようとは思っていたのですが。
この寒さの中、また今度でいいやって思ってしまい、結局なにもしてあげれませんでした。
いつ、どの犬が亡くなるか分からない現場の犬。
「また今度」の今度はないかもしれない。
分かっていたのに。本当に申し訳なかったな。なんですぐにしてあげれなかったのだろうかと今でも後悔が残ります。

最期ポチの動作が緩慢になっていると気付いた小林さんに看取ってもった見たいです。小林さんありがとうございます。

この過酷な現場でポチは幸せだったのか。
バカみたいですが、動物にはもちろん聞いても返事は返ってきません。
ですが、今回のように後悔だけは残したくないと改めて思いました。
そのためにできるだけ多くの犬をなくなるではなく、
譲渡という方向にできるように私達はこれからも頑張ります。

ポチ 2012


ポチお疲れ様でした。ありがとう。
さようならじゃないけれど、また会える日まで。

コメントの投稿

非公開コメント

ポチちゃんに関わった方、全部の方にお礼を申し上げたいです。
この日本では歳をとっただけで飼っていた動物を捨てる人がたくさんいます。
置かれた環境は過酷だったかもしれませんが、最後まできちんとお世話をしていただいたことはきっとわかっていて、幸せだったと思います。
涙が出ました…(T-T)

No title

ポチちゃんが、弱っていて私も心配していましたが、
引き取る事もできず・・・ごめんなさい。

でもとても長生きだったと思います。
この過酷な現場の中、この年齢まで元気でいれたのは
ポチちゃんの本来の強さと、皆様と小林さんのお世話が
あったからです。本当にありがとうございました。

ポチちゃんいつもかわいい顔していましたね。

お疲れ様です。天国で皆と再会してください。

ご冥福をお祈りいたします。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる