今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

◆山梨県犬の多頭飼育崩壊現場の経緯◆

◆山梨県犬の多頭飼育崩壊現場の経緯◆

この山梨県犬の多頭飼育崩壊現場の発端は20年前になります。
それらの流れを学生が手作りで絵本風に書きました。

①

②

③

④



発端当時から現場に携わっている、ボランティアの小林さんと写真家のマルコ・ブルーノさんが、
その時の現場の様子を語ってくれています。
詳しい資料は下記をご覧ください。

小林 昭夫
小林さんの記録

マルコ・ブルーノさんの記録
山梨の「犬捨て山」-今と昔-Part1


帝京科学大学  
動物の命の大切さを考える部~SWEET HEART~ 多頭飼育問題改善活動班  学生一同

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マルコさん。現在郊外にお住みとある方からききましたが・・。

手作り絵本、本当に上手にできていてかわいいです!

一人でも多くの方に伝えていきたいと思っています!

がんばります!

こんにちは(^^)

F様

こんにちは、コメントありがとうございます。
マルコさんは今現在は郊外の違う土地にいますが、
その土地でも動物問題に日々奮闘しているようです。

またリーフレットやフリーペーパー、ポスター貼りにもご協力くださり
いつも現場のためにと動いてくださってありがとうございます。
私たち学生も頑張ります!!

素晴らしい絵本ですね!
学生さん本当にありがとうございます。
文字では避けてしまう様な事でも絵であると読みやすく、沢山の方の心に響くと思います。

私が山梨ワンコの事を知ったのは犬達が130頭位の時でした。
本当に小さな支援ですが
これからも出来るだけの事はして行きたいと思います

学生さん達もこれから暑くなってきますので、お身体気をつけてくださいね。小林さんにも無理なされない様お伝えください(^^)
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる