今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

◆2月19日現在 現場状況◆

今現在の現場の様子をお伝えいたします。

本日、学生が住む上野原市から現場の都留市までの道が通行止め解除となりましたので、
現場までの山道はさておき、とりあえず現場に向かうことにしました!!

山奥の現場で待つ小林さんのため、食料を調達!!
2月19日⑥
燃料もと考えましたが、おそらく山道はすごい量の雪と想像がついたので、
まずは小林さんの食料から届けることにしました。

DSC_2232_20140219230423e0d.jpg
↑現場に向かう途中の車内より
まだまだ雪は残っているものの、都留市に向かう国道も除雪が進み
だいぶ通りやすくなっていました。
なんとか現場まで続く山道の入口までは車で行くことが出来き、
そこから山道へは雪掻き道具と小林さんへの食料を持ち、登山開始です。




DSC_2237_201402192312153b4.jpg
↑いつもは右にガードレールがあるのですが、雪がその高さを越えてしまい埋もれてしまっています。
すぐ横は崖という状態です。


DSC_2242_20140219231343124.jpg
↑橋の上。こちらもガードレールが埋もれそうです。。

これは、まだまだ山道の入口付近。
ここからが本格的な雪山登山となります。。




男性2名が雪掻き道具を手に持ち先頭を切ります。
DSC_2261.jpg

DSC_2247_20140219231429af0.jpg
もちろん誰も踏み入れていないので、道を切り開きながら登って行きます。
高さはやはり1mを越え、上に登るごとにその雪の厚さも増していきます。
気を抜くとズボっと足がはまってしまい、雪を足で踏み固めながら登っていきました。
一生懸命道を作り、足で踏み固めていく。。雪の壁を前になかなか前へ進まず時間だけが過ぎていきました。

夕方になりあたりも暗くなってきたため、現場までの1/3まで登って来たところで
今日は引き返してきました。

雪の壁は本当に高い。。
ですが、なんとか掘れば進めるということで、明日もう一度現場に行ってきます。


先日、小林さんいわく重機が入り雪掻きを行ってくれていたようですが、
壊れてしまったとのことで今後の山道の除雪等はどうするか考え中です。
とりあえずは、車では通れないにしても歩いて通れる道を作れば、
学生は小林さんに食料や燃料を届けることが出来ますし、何かあれば小林さんも山から下りられるとのことで、
明日その道だけでもつながればと思います。

またこの大雪に伴い、現場の犬たちの頭数確認等を行っている保健所の方に相談いたしました。
このまま雪の影響が引かないようなら、都留市の市役所の方に除雪をお願いしようかと思っています。

以上、報告でした。
*************
現在小林さんの携帯電話の充電ができないため、
(車か発電機で充電していますが、燃料が補給できていないためいつまでもつかわかりません)
できるかぎり小林さんとの直接の連絡をひかえていただくようにお願いいたします。

何かご連絡等ありましたら、学生のほうで良ければご対応いたします。
メール:tatou0225@yahoo.co.jp
問い合わせ用携帯:080-4160-0311  までご連絡ください。


このような状況の中、昨日は更新が出来ずにご心配をおかけしました。
今学生が主に連絡をとっているにも関わらず、申し訳ございません。

先日、天気予報では水曜日と木曜日は雪マークだったのですが、いつの間にか雪マークも消え、
本日はとても良く晴れていました。
このまま雪が降ることなく明日も過ぎて欲しいものです。

皆さまは、雪の影響は大丈夫でしょうか。。
学生が住む上野原市のほうもまだまだ雪が積もり、日中の雪掻きや、食料調達、車の救出などに追われています。
現場を含め、早くこの雪の影響が改善されればと願うばかりです。。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

学生の皆様

早速、ブログ更新ありがとうございました。

そしてまだまだ深く積もった雪道の中、現地へと向かって頂きありがとうございます。
学生の皆様も現地に向かわれる際にはくれぐれも気をつけてください。

くれぐれも小林さん、犬達のことよろしくお願いいたします。

ご心配をおかけしています

鍵コメント様

コメントありがとうございます。

雪が積もる、道なき道をゆく。。というかんじでした。
あの分厚い雪を掻きながらでは、時間だけが途方に暮れ、全然進まず体力的にも精神的にもつらい思いでした。。
この時学生は4人いましたが、小林さんはひとりでこの状態と戦っているかと思うと。。いち早くこの雪の状況をなんとかしなければと改めて感じさせられます。

除雪等ですが、今はまだ小林さんと相談中で様子見というところです。いざとなったら行政にSOSを出してみます。。

東京のほうもまだ雪が残っているのですね!!
学生もここ数日は雪の影響に追われて缶詰状態です。
道の除雪が進みだいぶホッとしていますが、この雪の影響は本当にひどいです。。

コメントありがとうございます

支援者の一人様

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
もともと足場が悪いこともありますが、雪が降るとその脅威はぐっと増します。まだ踏み固められていない雪は、ズボっと腰まで入ってしまい、ひやっとしながらの登山でした。
十分こちらも注意して怪我などないように気をつけます。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる