今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

悲しいお知らせ りく

こんにちは
2年の髙橋です

11月11日の20時30分ごろ、りくが亡くなりました
IMG_4444.jpg

前日は、いつものようにご飯・おやつを食べ、お散歩にも行きました。
翌日になってみると、ハアハアと息が荒い状態が続き、いつも完食されているご飯が残っていました。
私は、しばらくしたら呼吸も落ち着き、ご飯も食べてくれるだろうと思いしばらく様子を見ていました。
しかし、時間がたっても呼吸が落ち着くことも、ご飯を食べてくれることもありませんでした。
そのうちに、後ろ脚があまり動かなくなってしまいました。
りく一人ではいつも寝ているケージの毛布の所へは行けない状態でした。
歩くのを手伝って毛布があるところへいったあとは、寝たきりでした。
呼吸は荒いまま、いつも食いつきがいいおやつも完食してくれるご飯も食べてくれず、必ず外でしているトイレもその場でするという状態でした。
この状態では、病院に連れていくことも難しく、私はただりくの傍にいることしかできませんでした。
朝からこの状態が続き、20時30分ごろ息を引き取りました。

りくは、今まで体調面の問題はほとんどありませんでした。
なので、いつか一気に今までの負担が体に来るだろうなとは思っていました。
りくが亡くなった日の朝ももしかしたらと思っていましたが、まさか本当に亡くなってしまうとは思いませんでした。
突然で、しかも1日のことで、もう1週間以上たつのに、りくがいなくなってしまったということがあまり実感できていません。



IMG_2105.jpg
りくが私の家に来てすぐの写真です
最初に体全体を見た時は、丸々していてクマみたいだなー…と思っていました(^^;)




IMG_4586_20151120234823118.jpg
この間のりくさん
こうしてみると、預かりたての頃よりお顔がすっきりしていますΣ(´∀`;)
(´・ω・`)←この顔は変わらずですね(笑)



IMG_3629.jpg
おやつを前足でもって食べる姿にいつも癒されていました(´▽`*)



IMG_4583.jpg
寝顔!!
撮るのが難しく、レアな1枚です!!
こんなリラックスした顔を見られて嬉しかったです(*´ω`*)



りくには新しい飼い主さんが決まりそうなことが何度かありましたが、なかなか決まりませんでした。
今度決まらなかったら私が引き取ろう、そう思ってすぐの出来事でした。
もっと早くに引き取ることを決めていれば、ちゃんとしたりくの家族として最後まで側にいることが出来たのに、今はそんな思いでいっぱいです。


りくへ
ここでの生活はどうでしたか?
りくは私のことをよく見ていて、お散歩に行く時も自分からタイミングを見てきてくれたり、
ボーっとしていると早く行こう!と言っているかのように歩いてくれたね
私の方がりくに面倒を見られているみたいだったよ
9ヶ月という短い間だったけど、本当にありがとう
そして、お疲れさま
いっぱい休んで、そしたら、たくさん遊んでね



文章が上手くまとまらず、申し訳ありません。
最後まで読んでくださりありがとうございました。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

高橋さん、ご報告をありがとうございました。

りくの最期を看取って頂き、ありがとうございました。
りくは高橋さんを家族と思い心安らかに逝ったことでしょう。

現地での厳しい生活のあとの温かい家庭生活は
心穏やかな日々となったに違いありません。

高橋さんも大変な経験だったことと思いますが
「私が引き取ろう」と覚悟を決めてくださったこと
りくに伝わっているはずです。

最期まで、りくに寄り添って頂きありがとう!!

りくのご冥福を心からお祈りしております。


* りくとタマルの訃報をブログで報告させて頂きました。
  こちらのブログから画像等を拝借しております。
  いつも事後報告で申し訳あり利ませんが宜しくお願い致します。

No title

高橋様へ

りくちゃん、どれもいい顔をしています
きっと、りくちゃんにはそこが自分の家だったのでしょう
9ヶ月という短い間と書いておられますが、最後の9ヶ月が高橋さんと一緒でりくちゃんは幸せだったと思いますよ

我家も10月10日に老犬が亡くなりました
ごはんを食べられなくなると本当にあっという間ですね

しばらくはお辛いかもしれませんが、これからも活動頑張ってください

りくちゃん、うちの犬子(わんこ)と会ったら、仲よくしてね!

No title

高橋さん

東京都S区およびT区から
支援をさせていただいているASです。
本当に本当にお疲れさまでした。
高橋さんがそばにいてくださって、本当にありがとうございます。写真を拝見するかぎり、どのりくくんのお顔からも
安心している様子がうかがえます。

今後も微力ながら支援させてください。
そして、本当にお疲れさまでした。

No title

高橋さん、9カ月の間お疲れさまでした。

高齢の子は健康診断で何かひっかかるものがある子が
多いと思います。でも寒いお山で亡くなるよりも、温かい
場所で高橋さんの愛情に包まれて天に召された事、
りくちゃん感謝していると思います。ポスターはがしますね。

りくちゃんは高橋さんと離れたくなくてこういう運命に
なったような気がします。譲渡はしていなくても、高橋
さん家のわんちゃんとして逝ったように思います。

写真は本当にかわいい表情!

お別れは非常に辛いですね。でもりくちゃん長生きして
皆さんに愛されて幸せだったと思います。

お世話ありがとうございました。

高橋さん お疲れ様でした。

高橋さん お疲れ様でした。ってりくくんも言っているんじゃないですか!?U^ェ^Uりくくんのご冥福を御祈り申し上げます。m(__)m

バーバMIKO様

温かいコメントありがとうございます。

私にとって、りくとの生活は大変なこともありましたが、毎日が楽しかったです。
りくにとっても、私との生活が楽しいと思ってもらえていればなと思います。

引き取りの件に関しては、ずっと一緒に居られると思っていた分、決断が遅くなってしまいました。
最期はいつ訪れるかわかりませんね…
9ヶ月という短い間でしたが、りくにとって私が家族というか、少しでも心を許せる相手になれていればなと思います。

りくのことを気にかけていただき本当にありがとうございました。


りくとタマルの訃報の件ありがとうございます。

ごま様

温かいコメントをありがとうございます。

今、写真を見返してみると、一緒に暮らすにつれ、だいぶ表情が和らいでいくような感じがします。
(´・ω・`)←この顔は相変わらずですが(笑)

預かったときは、まさか9ヶ月でお別れになるとは思っていませんでした。
この短い間、りくにとって新しい発見がある楽しい時間であったことを願います。

そうですね…
本当にあっという間でした
りくと犬子さんが元気に楽しく遊んでいますように

これからは、まだ現場にいる子、預かりの子のために出来ることを後悔のないようにやっていきます。

りくのことを気にかけていただき、ありがとうございました。

AS様

温かいコメントをありがとうございました。


りくの写真から安心しているとうかがえる、とコメントしていただき、とても嬉しく思っています。
自分では、私の家でりくが本当に安心しているのかあまり自信がなかったので・・・

りくのことを気にかけてくだり、ありがとうございました。
また、長い間、ご支援をありがとうございます。
今後の活動も精一杯頑張っていきます。

F様

温かいコメントをありがとうございます。

りくは、五月頃に一度体調を崩したことがあり、病院で血液検査をしてもらいました。
その後、体調も回復し、検査でも特に異常は見られなかったので安心していたのですが…

りくが、そのような風に思っていてくれたなら、こんなに嬉しいことはないです。本当に。

小林さんによると、りくは17、8歳とのことだそうです。
本当に長生き。よく頑張ったと思います。
そして、多くの方に可愛いと言って頂き、本当に愛されていました。

ポスターを貼っていただきありがとうございます。
F様のおかげでより多くの方にりくを知ってもらうことが出来たと思います。

りくのこと、預かり当初から気にかけていただきありがとうございました。

ゆうママ🐩様

温かいコメントをありがとうございます。

私もりくによく頑張ったね、お疲れさまと言ってあげたいです。
今まで頑張った分、これからりくにとって楽しいことがたくさんありますように…

りくのことを気にかけてくださり、ありがとうございました。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる