今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

頭数の訂正

最近亡くなる子や譲渡が決まる子が立て続けにいたため、頭数が大きく変動しています。
ここでもう一度全体の頭数を確認しようと、7月中にN地区の頭数確認を小林さんが行いました。
するとN地区の頭数が、今まで把握していた数と一致せず、何頭か減っていました。
一体どこでいつからズレがあったのか、はっきりとは分からないのですが、N地区の住み込みボランティアさんとの連絡や意思疎通がうまくとれていなかったのではないかと思います。

小林さんが常にいるK地区から少し離れた山奥に存在するN地区では、まだ1犬舎に数頭ずつ入っていたり、小屋の奥に引きこもっている子も多いため、正直に言いまして、個体識別も100%はできていません。
またこのような事態にならないよう、この環境を早急に改善し、頭数の確認ももっと頻繁に徹底して行っていこうと思います。
皆様には今まで間違った情報を流してしまい、本当に申し訳ありませんでした。

現在の頭数は
K地区45頭
N地区41頭
一時預かり2頭

計88頭
となりました。


秋森

コメントの投稿

非公開コメント

今日は。いつもお疲れさまです。
ワンちゃんの小屋は幾ら位で作れるものなのでしょう?
お時間のある時で結構です。書き込んで頂けると嬉しいです。

猫は何匹いるんですか?里親募集してる子もいますか?
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる