今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

ギン、ムク、ハヤブサ

こんにちは。
2年の青芳です。
N地区で逃げ出しているギン、ムク、ハヤブサを保護して犬舎に入れました。
ご報告いたします。
10月3日(日)にN地区の現場の中にギン、ムク、ハヤブサを
閉じ込めたので、明日には犬舎の中に入れたいので手伝って欲しいと
小林さんから連絡がありました。

翌日の4日に4年生1人、2年生3人、の計4人で現場に行きました。
N地区に到着して、すぐに作業開始。

捕まえる流れとしては、人が追いかけてバリケードで囲みながら誘導しトラ箱に入れ、
犬舎のほうに連れて行く形です。

10月4日1

写真の方では見えにくいですが、バリケードの上に鉄網があるので
ジャンプして逃げられないようになっています。

ギン、ハヤブサ、ムクの順にトラ箱に入れて、犬舎に移動させました。

10月4日4

ギンは、犬舎に入った後に穴を掘り始めて鼻周りが黒くなってます。(笑)

10月4日2

ハヤブサは、犬舎に入れた後、先住犬のそうたに挨拶し、犬小屋に入っていきました。
2ヶ月ぶりの帰宅です。

10月4日3

ムクは、とても怖かったのかトラ箱の中で、ずっと吠えていました。
犬舎に入れると、すぐに犬小屋の後ろに隠れて、そっとこちらを覗いていました。
怖い想いをさせて、ごめんね。


ギンとムクは、脱走してから犬舎に戻るのは5~6年ぶりだそうです。
これからは、自由は減ってしまうけど、安心してご飯を食べることができるね。


報告が遅くなり申し訳ございません。
また、ギンとムクとハヤブサの近況が分かり次第ご報告させていただきます。

2年 青芳


文章訂正(10月5日)
ハヤブサの犬舎の先住犬の表記が「こうた」
になっていましたが、「そうた」の間違いです。

トラ箱の犬に続き、間違えてしまい申し訳ございません。
ブログに掲載するときは、必ず再度読み直してからアップいたします。
この度は大変失礼いたしました。

2年 青芳

コメントの投稿

非公開コメント

やりましたね!!寒い冬の前に捕まってよかったですよね^^
お疲れ様でした。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる