今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

マリーのトライアル(仮譲渡)

連続書きで失礼いたします。

12月12日(日)にマリーのトライアルために
譲渡先に行ってまいりました。
12月8日(水)に譲渡先のお宅に小林さんと2年生3名とマリーで行きました。
その時に飼育環境(家)を見させて頂き、里親希望者さんと面会をしました。
そして12月12日(日)にトライアル(仮譲渡)のため2年生2名と1年生1名とマリーを連れて行きました。
小林さんは、マリーが寂しがってしまうため現場でお別れをしました。

マリー譲渡1

小林さんが大好きなマリーは、現場でも譲渡会でもベッタリです。
小林さんに呼ばれたら喜んで寄ってきます。
午前中は現場内でフリーにさせて運動して、午後から車に乗り譲渡先へと向かいました。
車に乗る時、いつもと違うのか少し乗るのをためらったような気がしました。
人達の空気を感じ取ったんですかね・・・?

譲渡先まで1時間かけて移動。車中のマリーはとてもおとなしく、
いびきをかきながら、ぐっすり寝ていました。
譲渡先のお宅に着き、里親希望者さんに書類に署名をして頂き、マリーをお渡ししました。

12月12日から1ヶ月間、トライアル(仮譲渡)という形になります。簡単に言えば、お試し期間です。
飼育環境が変化すると、それに適応するまで犬の本性が出にくいと言われています。
1ヶ月くらいで飼育環境に馴れて犬の本性が出てくるため、本当の性格や癖を知ることができます。
トライアルは本当にその犬が飼えるのかどうか判断して頂きくための期間です。

何も問題がなければ、そのまま譲渡という形になります。
また1月12日に里親希望者さんに確認を取り、分かり次第ブログにてご報告させて頂きます。

マリー!
1ヶ月間がんばってね!!


青芳

マリー譲渡2

コメントの投稿

非公開コメント

目の悪いマリーちゃんを家族にと考えて下さった優しいご家族様、ありがとう
ございます。陽気で素敵なマリーちゃん。トライアルがうまくいきますようにと
祈っています。

マリーちゃん、トライアル決まって良かったですね(*^_^*)
そして今回はお力になれず、申し訳ありませんでした。
マリーちゃんの第二の犬人生が幸せでいっぱいであることを願っています。





カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる