今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

5月21日の現場報告(・∀・)ノ

みなさんこんにちわ(・∀・)ノ
お久しぶりです。セイコを引き取ってもう2年が経ち、
ついに4年生になってしまった大林です。

この日は、一年生2人と二年生1人の計4人で現場に向かいました。
3人は、今日が初の現場作業入りとのことだったので、現場での作業をひとつずつ教えていきながら、
分担して仕事をこなしていきました。

エラそうに言えませんが、みんなとても効率よく仕事をしてくれたので、スムーズに作業できました。

今日は気温が30℃近くになるほどの天気で、5月とは思えない暑さでした。
さらに虫も活発になり、ブヨに刺された学生もいました。

午前中にN地区のお世話も終わり、お昼ごはんを買いに行くついでにK地区へ寄りました。

何気なく寄ったK地区でしたが、久しぶりに着いてみて衝撃を受けました。
それは…

犬舎が明らかに少なくなっているなぁと実感したからです。
今回は新入生がいたので、自分が一年生だった時の現場を思い出している歩いているところでしたが、
改めて現場を見渡してみると、僕の入学当初とは明らかに犬舎の数が減っていることに気付いたのです。
P5210693.jpg
それはポジティブな意味では、現場の終息につながっているということでもありますが…
どこか切ない気持も生じました。

僕が入学した当初は両地区合わせて120頭近くの犬がいた現場でしたが、
あれから3年後の現在、その半数の60頭をきっています。

この数字から考えると、今の一年生が卒業するまでにはどういった形にしろ、
現場は大きな局面を迎えるのだろうなぁ…

と、楽しそうに草むしりに励む後輩たちの姿を見つつ、
感傷に浸って草むしりをサボっていた最上級生でした。
P5210696.jpg
P5210697.jpg

読んでいただき、有り難うございました。
卒業までにはまたセイコの報告などしようと考えているので、
またお会いできる日まで、後輩たちを見守っててください。
4年 大林

コメントの投稿

非公開コメント

暑い中お疲れ様でした。引き取られた子も沢山いたけど、亡くなった子も多かったですね。。。でも最後まで皆様に手厚くされ可愛がられて、ガス室などで死ぬ子のような最期でなく、自然にお星様になっての運命だった事が救いだったと思います。

先輩の指導がいいからですね^^皆さんチームワーク良くてテキパキしているのでしょう!

セイコちゃんの近況のUP楽しみにしていま~す。本当セイコたん可愛いから♪
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる