今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

7月17日の現場報告

こんにちは☆
遅くなりましたが、7月17日の現場報告をさせていただきます。

この日は、4年生1人、2年生1人、1年生3人の計5人での活動でした。


この日はまず最初にK地区にむかいました。
わんこたちにジャーキーを配り,人慣れを行いました。

暑さで食欲がないかなぁー・・・と思っていましたが、
みんなジャーキーに食いついていました(^_^;)


7月17日①
↑人慣れ中


7月17日③
↑ロン

7月17日②
↑ビリー


そして、この日は古くなった犬小屋のペンキ塗りを行いました。

ふと見ると、私たちの先輩方が作った第一号と明記してある犬小屋を発見!!
名前と日にちが入った、とても思い入れのあるだろう犬小屋でした。
屋根などは新しくペンキで塗らせていただきましたが、
名前・日にちが入ったところの上から、ペンキで塗るのはもったいなすぎたので・・・
あえてその面は残させていただき、
第一号と記された隣に「改」と付け加えさせていただきました。

その他の犬小屋は、上から下まで青ペンキで塗ってきました★
これで、わんこたちがさらに気持ちよく使ってくれることを願います☆


7月17日⑤
↑最初はこんなかんじ・・・

7月17日④
↑犬小屋お掃除

7月17日⑥
↑ペンキ塗り

7月17日⑦
↑土台も作って・・・

7月17日⑨
↑完成



老犬で犬達の頭数が減る中、私たちの代は新しく犬小屋を作るというよりは、
どちらかというと古くなったものを解体するという作業が多いです。

犬小屋を作っていった先輩から見たら、今の現場はだいぶ変わっていっているのだろうなと実感しました。


そして、ペンキ塗りで午後の活動を終了し、小林さんと少し談話して現場をあとにしました。

以上が現場報告です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


2年  井川




コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる