今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

2月4日の現場報告

報告が遅くなってしまいすみません。
2年山崎です。
2月4日の活動報告をさせていただきます。
この日は4年生1人、3年生1人、2年生2人、1年生3人の計7人で行ってきました。

最初に便検のためにK地区に行き、犬の名前が書いてあるプレートも付けつつ
様子を見て回ってました。

2月4日①
↑ジーアン

2月4日②
↑トノ

その後N地区にGO!
まずは小林さんと少しお話した後、犬のお世話組と雪かき組に分かれて活動開始。

2月4日⑩
↑現場はこんな感じ
ほとんど溶けずに残ってます…

私は雪かき組だったんですが、道路が雪どころではなく、
カチコチの氷になっており、その上に土をかけることで滑りにくくすることにしました。

まずは土を集めようと思ったんですが、周りの土も凍っており、
スコップが弾かれてしまいました。
なので、奥のほうの凍っていないところから持ってこようとしたんですが、
そこまでの道のりも15cmくらいの雪が積もっており、
一輪車やバケツを使って何度も往復し、なんとかある程度の
土をかけることが出来ました。

その後実際に小林さんが車で下りるのを見ていましたが、
まだ土をかけていない所を走ったら、車が横にもの凄く揺れていて
一瞬本気でヒヤッとしました。(・_・;)
その場所になんとか土をかけ終わり、上に戻っていくと
お世話も終わっているようだったので、お昼を食べて少し休憩…。

休んだ後はあきの小屋の壊れた屋根を直そうとしたんですが…

2月4日③
↑上から見るとこんな感じ
 一応この上にも犬舎の屋根があるんですが、溶けた雪がポツポツと…(^_^;)

いろいろごたごたやっているうちに驚いたのかあきは隣の小屋に入ってしまいました。
2月4日④
屋根を直すのは難しいと思っていたのもあり、
それをいいことに壊れたほうの小屋の入口を塞ぎ、お引っ越ししてもらいました。

2月4日⑤
↑塞ぎ中

2月4日⑦
↑毛布敷き後

その間他の人は毛布にホッカイロを貼っていました
2月4日⑥


その後おやつをあげに犬舎の周りをうろうろしていました。
2月4日⑧

2月4日⑨
↑なぜか写真になると本来の可愛さがいまいち出てこないベル…
もちろんそんなベルも可愛いですが!(^皿^)


おやつをあげ終わった後は少し小林さんとお話して帰りました。


寒さのせいなのか最近になって亡くなる子が多い中、
徐々に人に慣れてきていることが分かる子も増えてきて寂しいような嬉しいような…。
このままゆっくりでももっと慣れていってくれれば、と思います(^ー^)


ではでは、最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

寒い中お疲れ様です。

「あき」、いつも寄り添っていた「なみ」を亡くしてからどのくらい経ったでしょうか。

何処と無く寂しげ、悲しげな「あき」は気になる存在です。

学生さん達との触れ合いで「あき」が笑顔を見せてくれる様にと願っていますm(__)m

雨が降れば降ったで、雪が降れば降ったで毎日気になるお山のわん達…。
学生さん達がお忙しい時間を割いて書いて下さる記事のお陰でわん達の様子を知る事が出来て本当に感謝しています。

いつも有難うございますm(__)m

カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる