今、山梨県の山奥に4(一時預かりを含む)の老犬たちが残されています。
かつて400頭の犬がいるとメディアで話題になった山梨県犬の多頭飼育現場。
私たち帝京科学大学の学生は現場の犬たちの里親を探しております。
http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256414.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212256224.png   http://blog-imgs-69-origin.fc2.com/t/a/t/tatou0225/20140710212255f47.png

こーた

久しぶりに記事を書かせていただきます、4年の井川です。
今年初めての悲しいお知らせです。。

6月10日の朝、こーたが亡くなりました。
推定16才と立派に生きてくれました。
こーたといえば、少したれ目のやさしい顔つきがとても印象的でした。
こーた⑥
いつも、小屋の入り口のところに伏せて私たちをお出迎えしてくれていました。



以前は、こてつ・チロル・こーたと3頭一緒の犬舎で暮らしていましたが、
2頭が立て続けに亡くなってしまいました。
こてつやチロルは大好きなジャーキーがあれば小屋から出るタイプの子たちだったので、
それにくっついてこーたも小屋から出ている姿をよく見かけていました。
こーた②
↑一緒に小屋から出てきたこーた


しかし、ひとりになってから、なかなか人前で小屋から出なくなってしまいました。
もともとおとなしい子でしたが、さらに小屋にいる時間が長くなったなぁと感じていました。


顔も一気に老けたように思い心配していましたが、
このごろは、ちょこちょこ小屋から出てごはんやジャーキーを食べている姿を見かけていました。
こーた③
↑あっ!!こーたが出てる!!


こーたの動画です↓

また少しずつ近くなってきたかなぁと安心していたので、そんな中の追悼は本当にショックでした。





小林さんによると、亡くなる前日も普段通りごはんも食べ、ジャーキーもおいしそうに食べていたとのこと。。
そして寝てるのかなぁと思うぐらい、いつものこーたのまま亡くなっていたそうです。


こーたの遺体は、保健所で火葬するよりも生きていた場所に・・・という小林さんの意向もあり、
現場付近に埋葬いたしました。
亡くなっても毛布の上に遺体を置いて、傷まないように処理をしてくださっていた小林さんには本当に頭が下がります。



こーたは、お散歩も出来ないまま天国へ逝ってしまいました。
普通の犬なら当たり前にある楽しみを教えてあげられなかったこと、本当に申し訳ないなと思っています。
そしてこの動画も、こーたが生きている時に使ってあげれば良かったと悔やんでいます。


こーた、先に逝ったこてつとチロルにはもう会えたかな。
もうみんなが使っていた犬舎に誰もいないのは、本当に寂しいですよ。。
こてつ、こーた、チロル②


どうぞ安らかに眠ってください。



4年 井川

コメントの投稿

非公開コメント

こーた、安らかに・・・

今ごろ、こてつやチロルと会えて
一緒に走り回っているでしょうか。

優しい顔が印象的でした。
小屋から出てきたり
人の気配を怖がらなくなってきたとのことでしたのに・・・
それでも、楽しいことは以前より増えていたはず。
小林さん、学生の皆さん、ありがとうございました。


こーた君のご冥福を心よりお祈りしています。



事後報告となってしまいましたが
こーたの訃報記事のために
以前の画像や記事を拝借しました。
今回の記事の画像のほうが鮮明ですので
(動画もありますし・・・)
こちらの記事の紹介もさせてくださいね。

優しいお顔です。

最後の最後まで普通の生活ができていた。
おいしい物も食べられた事は、
悲しいですが、こーた君にとっては
良かったのだと思います。きっと皆さんに
感謝の気持ちをもったまま虹の橋にいった
と思います・・・・。
ご冥福をお祈りいたします。

こちらを借りて申し訳あり
ませんが、最後の最後
まで苦しみ、人間の為といわれて残虐に殺されて
しまう実験動物たちがいます。
その動物実験の福祉についての会議が議員会館で
今週火曜日に行われます。
四時~七時。途中入場も可能です。席があいている
ようなので、予約なくても大丈夫だと思います。
ご興味のある学生さん達、宜しくお願いします。

ttp://animalnetwork.jimdo.com/

それからフリーペーパーを頂きたいので、
メールいたします。

井川さん、学生さん、暑い中本当にお疲れ様です!

ありがとうございます。

バーバMIKO様

今ごろ、こてつとチロルと会っているでしょうか。。
こーたが生きていたことがより多くの方に知っていただけたら嬉しいです。

また、そののことも記事にしてくださりありがとうございます。

小林さんの毎日のお世話もある中、現場での生活がすべて不幸せだったとは思いません。
ですが、やはり家庭での暖かい生活や、ご家族さまの中での暮らしは、現場には無いものです。
こーたのように最後まで現場で暮らした子たち以上に、そのには幸せに暮らしてほしいと思います。

ありがとうございます

F様

いつも山梨の現場のことを気にかけてくださりありがとうございます。
こーたの優しい表情は、本当に大好きでした。
もう会えなくなってしまうのがさみしいです。。

天国でもいつものこーたで他の現場わんこたちを見守っていてほしいと思います。

フリーペーパーの件、了解いたしました。
ご連絡もいただきとてもうれしかったです。
後日、またメールさせていただきますね!!

いつも貴重な情報もありがとうございます。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
アルバム
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる